i11ness

#random   

memoirs of a forgetful

September 16, 2014 at 3:34pm
9,216 notes
Reblogged from club-verraco

kazukitti:

(Source: club-verraco, via koke-musumade)

3:07pm
59 notes
Reblogged from thelocalwanderer

thelocalwanderer:

Portland: so much more than good donuts, weird people, and the acehotel

1:44pm
24 notes
Reblogged from neetria

人格形成期の貧困経験は、人の心をねじ曲げる。思春期の少年少女は、自分に責任のない苦境が心を蚕食する日々にそうそう堪えられるものではない。そういう日々のどす黒い沈殿物が外に向う場合は他人や世の中を恨み続け、自分に向う場合はすべてを諦めて希望ある人生から早々に降りる。

— 

タナダユキ[監督]『ふがいない僕は空を見た』(2012年)を観た。: ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!

『ふがいない僕は空を見た』に話を戻すと、この映画の白眉は、予告編などで印象的にフィーチャーされている前半のコスプレとセックスの部分ではなく、やはり団地の高校生ふたりを描いた後半だと思う。

とりわけ印象的だったのは、団地のふたりが校庭で戯れるシーン。あの瞬間こそが、あのふたりの人生でまぎれもなく最も美しい瞬間で、最も美しい瞬間が最も美しく描かれているのだと思う。それほど、日常が過酷で荒んでいるのだ。

ライムスター宇多丸 団地、ね。アメリカで言う、要は「プロジェクト」、公団住宅。これ、アメリカのヒップホッ プとかラップに通じてる人だったら、まぁ、よくご存知の話だと思いますけども、要は、「オレの生まれ育ったプロジェクト」、ラッパー、ハードコア・ラッ パーがよく出てくる、要は貧困の象徴なわけですよね。

「そういうヒップホップ的な貧困の現実なんてのは日本にないから、日本語ラップをやるリアリティーはない」だなどと80年代後半から90年代頭にか けて、訳知り顔の論者がよく言ってましたけど、どの口さげて言ってたんだ。まさに現代日本にもそういう現実はあったし、あり続けてきたし、今もあるってい うことですよね。

「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」(TBSラジオ、2012年12月8日(土)21:30-24:30
(via neetria)

(via neetria)

12:38pm
106 notes
Reblogged from adventuretime-friends
adventuretime-friends:

Check out all the other Adventure Time Fan Pics @ Adventure Time Friends

adventuretime-friends:

Check out all the other Adventure Time Fan Pics @ Adventure Time Friends

12:36pm
201 notes
Reblogged from adventuretime-friends
adventuretime-friends:

Check out all the other Adventure Time Fan Pics @ Adventure Time Friends

adventuretime-friends:

Check out all the other Adventure Time Fan Pics @ Adventure Time Friends

11:52am
6 notes
Reblogged from nextbigsound

SXSW 2015: Can You Believe It’s Panel Picking Time?

nextbigsound:

People of Austin beware.

Read More

September 15, 2014 at 11:06pm
829 notes
Reblogged from hutaba

妹が最近アメリカンな言い回し喋るのにハマってるらしく地味に鬱陶しい。
「ドライヤー壊れてるよー」って普通に言えばいいのに「おいおい!何だこのお嬢ちゃんみたいな風は?これじゃ全部乾き切るまでに俺が白髪になっちまうぜ!」とか言う。コンセント抜いてやろうか。

— 

Twitter / amo_a_mi_family (via hutaba)

楽しげ。

(via y-u)

(via mascooma)

10:55pm
350 notes
Reblogged from worclip

worclip:

Miniature Calendar (2011-ongoing) by Tanaka Tatsuya

Everyone must have had similar thoughts at least once. Broccoli and parsley might sometimes look like a forest, or the tree leaves floating on the surface of the water might sometimes look like little boats. Everyday occurrences seen from a pygmy’s perspective can bring us lots of fun thoughts.

I wanted to take this way of thinking and express it through photographs, so I started to put together a “MINIATURE CALENDAR”. These photographs primarily depict diorama-style figures surrounded by everyday items. Just like a standard daily calendar, the photos are updated daily on my website and SNS page, earning it the name of “MINIATURE CALENDAR”.

It would be great if you could use it to add a little enjoyment to your everyday life.

(via myk0119)

10:55pm
580 notes
Reblogged from psych-quotes

Let yourself be enchanted in small ways.

— ― Guy Kawasaki (via psych-quotes)

(via croissantsandcoffee)

10:54pm
4 notes
Reblogged from ginzuna

いや、そうじゃない。最初の殺害映像でわかっていたともいえる。囚人服である。グアンタナモ湾収容キャンプの囚人はオレンジ色のつなぎ服を着せられていた。また、米国では”Orange Is the New Black”というドラマがあるが、ここでいう「オレンジ」は囚人服のことである。
 これはさらなる困惑を私に引き起こした。ISISがやっていることは米国民にわかりやすいビジュアル表現としてオレンジ色の囚人服を着せている、ということのだろうか? すると、ISISの行動というのは、広義にアメリカ文化なのだろうか。
 かくしてわからない。しかし、それはもしかすると些細なことかもしれない。

— なぜ従順に殺害されてしまったのだろうか: 極東ブログ (via ginzuna)

(via ginzuna)

10:54pm
21 notes
Reblogged from futureisfailed

部品とかソフトウェア(例:ボイス・ディクテーション技術、ハプティック技術)のレベルまで下りてきても、日本メーカーのアップル製品の内部でのシェアは落ちてきている気がしてならない。

MEMS技術にしろ、サファイアにしろ、Apple Watchを駆動するコアな部分に日本が喰い込めていないのを見るにつけ、なんか無性に悔しくて、悔しくて……

つまり日本は、徹頭徹尾、蚊帳の外。単なるお客さんのひとりとしてフリント・センターで繰り広げられるアップル・イベントに「わぁー」とか「ホォ」とか驚嘆する側に回っているだけ。

Apple Watchの登場でウェアラブルというカテゴリーは正式に「お墨付き」を貰った。

これから無数のガジェットが、ワンサと出てくるだろう。

本来、デザイン・ベロシティが高くないと生き残れないガジェットの分野といえば、昔は日本の独壇場だったわけで、、、

テスラ(TSLA)のようなEVでもダメ、モービルアイ(MBLY)のような自動運転車もダメ、GoPro(GPRO)も真似できない、果てはジェンサーム(THRM)がやっているカーシート・ヒーターみたいなもんすら作れないって、一体、モノ作りJAPANは、どうしちゃったんだろうね? 日本の匠の気概を感じさせるのはリアル・ラブドールのオリエント工業くらいのものだろう。

In every home a heartache……

日本の得意なコトといえば、エアギターとかエアーSTAP細胞とか耳が聞こえない天才作曲家とか、そういうMAKE BELIEVE の世界ばかり。

一体、日本が世界に誇れるものは「ラーメン二郎」だけなのだろうか!

で、我々はすっかり朽ちてしまった日本の技術力という事実をすり替え、状況を自分の都合の良い方へ解釈するという「精神的勝利法」によって溜飲を下げることに腐心している。

このような「都合のいい解釈」は、ビジネスの場面のみならず、精神文化や、果ては歴史に関してすら、しゃあしゃあと行われている。

考え方をすり替えるだけで、敗北はたちまち甘美な勝利へと変えることが出来る。そして意気揚々とし、他人の手柄をまるで自分のことのように思って「元気をもらう」御目出度いヤツが後を絶たない。

これはつまり魯迅の描いた『阿Q正伝』の卑屈な世界だ。

魯迅が創作に打ち込んでいた1920年代、中国は列強に思うように小突き回されて、暗い暗いトンネルを、どんどん降りてゆくような閉塞的状況だった。

そこで中国人は、みじめな状況を、考え方のグレードを落とすことで、耐えられる、いや、それどころか勝ち誇った気分になれることを発見したわけだ。

— Apple Watchの発表を見ながら魯迅のことを考えた われわれはみんな阿Qだ (via futureisfailed)

(via jagganath45)

1:05pm
11,982 notes
Reblogged from imgoingcoastal

(Source: fullcoursetravel.com, via skateeofmind)

1:05pm
3,144 notes
Reblogged from allergic-to-fake-people

(Source: allergic-to-fake-people, via skateeofmind)

1:04pm
291,518 notes
Reblogged from wearweare

wearweare:

Nothing will ever top this version of the song.

Download: x

(via skateeofmind)

1:03pm
33,665 notes
Reblogged from shady-god

Rip Robin Williams

(Source: shady-god, via skateeofmind)