i11ness

#random   

memoirs of a forgetful

September 2, 2014 at 11:26pm
442 notes
Reblogged from whyareyouwanazawasan

一時期「何演ってもシャアを求められる」ってウンザリしてた池田さんが、「こうなったら一生シャア演ってやろうじゃねえか。 何だったら赤や金がイメージカラーのキャラも蹴らずに引き受けるぞ」って開き直って来たオファーがアイアンマンの社長って話は、いつ聞いても噴く。

— Twitter / necomen_k (via whyareyouwanazawasan)

(via myk0119)

5:27pm
134 notes
Reblogged from etherealizm
etherealizm:

脱いだものはシャワーの間にきれいになるよ
15分間シャワーを浴び続けると、150リットルものお湯を使ったことになるらしいんです。 ただただ排水されていくこの水を再利用しようと、複数のデザイナーたちが「Washit」というエコ洗濯槽コンセプト via. roomie

etherealizm:

脱いだものはシャワーの間にきれいになるよ

15分間シャワーを浴び続けると、150リットルものお湯を使ったことになるらしいんです。 ただただ排水されていくこの水を再利用しようと、複数のデザイナーたちが「Washit」というエコ洗濯槽コンセプト via. roomie

(via yoosee)

2:21pm
4 notes

「ブロガーはどのタイミングで現実的に『ブログ一本で食っていくぜ』と考えられるものなのか」というのはちょっぴり考えてみても良いかもしれないなと感じます。

いわゆるアフィリエイエイターではなく、我々が普段認識している「ブログ」で飯を食っている人の数がかなり少ないことを考えればそもそも冥府魔道である気もしますが、

・社会人ブロガーとして月に10万円稼げる程度の集客力・ネタ収集力・炎上力がある
・10万円程度稼げるブロガーとして、ブログ界隈に一定の人脈がある
・月10万円程度稼げており、さらに稼げるネタが大量に存在するが社会人としてのリソースでは回しきれない

くらいの状態で初めて考えられるようなものじゃないかなー…と思います。ってこれ、ライティング依頼が増えてきた人たちが「専業ライターに転向するか否か」を検討するフェーズに似ていますね。この段階で転向して結果仕事が少ないまま転職したライターを数人知っているのでこれでも全然高リスクであることは間違いありません。

というか、「会社を辞めてブロガー専業になろう!」というだけのガッツがあるならば、「コンビニ店長のコンビニ話のように、実業で得られる知識をブログ記事に転換すると大変面白いので、ブログネタとして面白い分野に転職してブログで稼いでいこう!」みたいな方針を持ってみるのも良いかもしれません。新しくていいぞ。

— 嫁に「会社を辞めてブログで食べていく」とは告げませんでしたが。 | @raf00

2:11pm
0 notes

人から聞く物事には必ず、「事実」とセットで「判断」が添えられる。

事実⇒判断

「今日、こんなことがあった」⇒「だから私はこう思う」

「今、こういう状況だ」⇒「私はこうしたい」


そして、「判断」の部分については価値観が異なれば、話は平行線、もしくは論争となる。

だから、「聞き上手」は、判断の部分について、私情を挟まない。
小手先のテクニックでなく、「相手の価値観を尊重する」、「自分と考え方の違う人を認める」ことだ。

「だから私はこう思う」についての判断を保留し、一旦自分で咀嚼する。そして、相手の価値観に合った発言ができれば発言し、そうでなければ相槌を打つにとどめる。

これが「聞き上手」の人々が行っている行動だ。

— 「聞き上手」とはどのような人か | 安達裕哉

2:10pm
5 notes

「聞く技術」に関しての書籍やセミナーは非常に多い。しかし、大なり小なりそこで語られることはほとんど同じである。


「相槌をうて、リアクションせよ」

「口を挟まない」

「その人のほうを向いて聴く」

「相手の言ったことを繰り返せ」

「相手を褒めなさい」

「相手の言ったことを一度肯定しなさい。それから意見を言いなさい」


そういった、いわば「小手先のテクニック」を紹介されるのである。もちろん実践すれば役に立つし、一時的には「聞き上手である」と相手に思ってもらえるかもしれない。

しかし、テクニックは所詮、テクニックにすぎない。

「聞き上手であると思ってもらいたいから、そういったテクニックを使っているだけ」の人である。

— 「聞き上手」とはどのような人か | 安達裕哉

9:57am
2 notes
Reblogged from kindlequotes

Egan has staked his reputation on the notion that pure scientific inquiry is a worthy subject for fiction in its own right, and that it is entirely fair to challenge readers to stretch their understanding of physics and math as far as it will go.

— Karen Burnham
Karen Burnham - Greg Egan (Modern Masters of Science Fiction)Greg Egan (Modern Masters of Science Fiction)
(Via Frederick)

9:03am
183 notes
Reblogged from highqualityfashion
highqualityfashion:

Caroline Trentini, Lily Donaldson and Gemma Ward for Vogue December 2005 by Steven Meisel

highqualityfashion:

Caroline Trentini, Lily Donaldson and Gemma Ward for Vogue December 2005 by Steven Meisel

(via ss1997)

8:59am
936 notes
Reblogged from kitaodori

<もしも修学旅行が“現地集合”だったら!?>

 たとえばこんな話※1がある。

 その学校の修学旅行の行き先は「石垣島」だった。石垣島といえば沖縄本島から400km以上離れている果ての地だ。まあ、ここまではありえるかもしれない。でも、その修学旅行は“現地集合”だったのだ。

 あなたは「つまらん冗談だ」と思ったかもしれない。しかし学生たちは、親に聞くなり、本を読むなりして、必死に石垣島までの行きかたを調べ、飛行機あるいは船のチケットを自分で手配し、不安に押しつぶされそうになりながらも、やっとの思いで現地にたどり着いたのだった。

 そうするとどうなるか。面白いことに、学生たちは石垣島に着いた時点で感動がMAXになるのだ。ある者は「怖かった」と肩をふるわせ涙した。ある者は「着いたぞ」とはしゃぎ回った。修学旅行の目的が、その名が示す通り“学を修めること”なら、彼らはもう帰ってもいい。
 なぜなら、この島に自力でたどり着いた時点で、すでに、彼らは様々な社会勉強ができたはずだからである。(さすがに親に送ってもらったやつはいなかっただろう……)

 ともかく、学生たちはまるで戦場をくぐり抜けて来たかのように喜び合った。要するに“不便”はひとの感動のハードルを下げるのである。

— 

なぜ古参は「昔のほうが良かった」のか? たった1つの理由

(via kitaodori)

(via naimononedari)

8:54am
58,122 notes
Reblogged from crispculture

(Source: crispculture, via apparant)

8:51am
4,294 notes
Reblogged from psych2go

psych2go:

If you guys like our post and want to share some of them on facebook too, you can subscribe to us here. We put a lot of effort into replying back to questions on that page so if you have questions, you can ask us there and we ll keep in touch.

8:49am
529 notes
Reblogged from sytoh

お前な、会社は給料を出しているところじゃなくて、お前が会社という組織を使ってお金を稼ぐところなんだぞ?

— 私の人生において言われた心に残る16の名言*ホームページを作る人のネタ帳 (via sytoh) (via send)
2009-05-02 (via yasaiitame) (via benewmeister) (via plasticdreams) (via mnky) (via pavewayside) (via fukumatsu) (via vichy) (via pcatan) (via iorionda) (via haseshin) (via cr96) (via rokugatuippi) (via dannnao) (via atehaka) (via 80236) (via gkojay) (via m0c0m) (via tokunoriben) (via neetria)

8:45am
2 notes
Reblogged from jumbiz

jumbiz:

Can Fracking Save Airports Facing Fewer Flights? - Bloomberg TV

8:40am
3,606 notes
Reblogged from wordsnquotes

There isn’t always an explanation for everything.

— Ernest Hemingway, A Farewell to Arms (via wordsnquotes)

(via maryyannneeee)

8:39am
2,182 notes
Reblogged from wordsnquotes

…You can’t get away from yourself by moving from one place to another.

—  Ernest Hemingway, The Sun Also Rises (via wordsnquotes)

(via maryyannneeee)

6:06am
206 notes
Reblogged from kogumarecord

諏訪東京理科大の篠原菊紀教授が論文にまとめた実験だ。男子学生にガンプラを15分程度作らせ、その後、単純な計算問題を解かせたところ、何もしなかった時と比べ、1~2割程度計算にかかる時間が短くなった。脳内の血流などを調べる装置を使ったところ、ガンプラを作っている間、前頭葉が活性化していることがわかった。

 完成形をイメージしながら作る模型などでも似たような成果が期待できるが、この実験ではガンダム好きの学生の成績アップが顕著だった。篠原教授は「好きなものを作るのでモチベーションが上がる。それに、ガンダムは単なる模型ではなく、背景に、アニメなどで描かれる膨大な物語があり、そうしたことをプラモデルを作りながら想像することで、更に脳が活性化するのだろう」と話す。

— asahi.com(朝日新聞社):ガンプラ 組み立てて脳活性化 - 頭がよくなる!? - 教育 (via kogumarecord)

(via kikuzu)